専業主婦 キャッシング

専業主婦でも借りれるキャッシングは?

昔は難しかった専業主婦のキャッシングが、最近はできるようになりました。もちろんパートやアルバイトなどをしている主婦の方は、収入があるので比較的簡単にキャッシングを利用することが出来ます。

 

では収入がない専業主婦でも借りれるキャッシングはあるのでしょうか。答えはあります。銀行系のカードローンなら、収入のない専業主婦でも世帯主の収入申告でキャッシングを利用することが出来ます。会社によっては、夫の同意書や収入証明・夫の会社や夫本人への電話連絡などはしないところもありますので、家族に知られることなく借り入れをすることも出来ます。

 

支払いや生活費・急な出費などお金が足りなくて困ったり悩んだりした経験は、自分自身の収入のない専業主婦のほうが多いかもしれません。専業主婦でも借りることができ審査が早く即日融資可能なキャッシング会社を知っておくことはいざというとき役立つと思いますので、日ごろからチェックしておくといいでしょう。

専業主婦の即日キャッシングの利用について

給料日前のお財布の中が乏しい時期や、急に現金を用意しなければならなくなったときに真っ先に頭に浮かぶのは、即日融資を受けられる消費者金融のキャッシングだという人は多いのではないしょうか。たしかに即時融資を受けられる消費者金融は全国各地に無数に存在していますが、キャッシングの申し込みの手続きをしたとしても、必ずお金を借りられるというわけではありません。

 

キャッシングの利用に際しては必ず審査が行なわれることになり、融資を行っても安全である人物かの判断が下されることになっています。その際に重要視されているのが安定した収入です。安定した収入が無い人の場合、返済能力に不安があるとみなされてしまい、審査に通過することは非常に困難となってしまうのです。

 

また、総量規制というルールが定められているため、消費者金融業者は収入のない人には貸付けを行うことができない決まりとなっています。そのため、収入のない専業主婦などは、即日融資を受けられるキャッシングを利用することは事実上困難なのです。

専業主婦でもキャッシングの審査を通ることが出来るのか

キャッシングでは審査があるので、収入にバラつきのある自営業や自由業の人、一定の収入がない人は借りることが難しいとされていました。ですが、「限度額が通常より低い」「世帯収入が一定以上あり安定している」ということが当てはまれば、専業主婦の人でも借りることは不可能ではありません。

 

もちろん、主婦は主婦でも専業主婦では不可とされている場合もあるので、しっかりと確認することが必要です。借り入れが可能となっていても、ヤミ金業者が広告を出している場合もあるので、安心して利用出来るのか、慎重に確認しなければいけません。専業主婦だと収入がないので、配偶者の同意書が必要な場合です。

 

その他、「夫婦関係証明書」や「配偶者の収入証明書」が用意できれば、夫婦の年収の3分の1までは借り入れることが可能です。この場合審査されるのは配偶者ですが、返済義務は借り入れをする本人にあります。配偶者には支払い義務はなく、請求することが出来ないので、借り入れする金額は自分が返せる金額だけにしなければいけません。

キャッシングは主婦でも利用する事が出来ます

主婦だからキャッシングは出来ない、と諦めている人はとても沢山います。ですが実は主婦でもキャッシングを利用することは可能なのです。そもそも主婦がキャシングを利用できないというイメージは、総量規制によるものです。総量規制とは借金をしすぎてしまわないように、年収の3分の1を上限額とするきまりの事です。ですから無職の場合は総量規制が適用されると、キャッシングが利用できないという事になってしまいます。

 

ですが逆に考えると総量規制が適用されていない金融業者からなら、収入がない主婦でもキャッシングを利用する事が出来るという事になります。多くの消費者金融は、総量規制の対象となっているのですが銀行は適用されていません。どうして銀行は総量規制の適用されないのかというと、消費者金融と銀行を管轄している法律が違うためです。ですから主婦がキャッシングを利用したいのなら、銀行に申し込みをすれば問題なく利用する事が出来るという事になります。